刺繍

疫病除けで話題の妖怪「アマビエ」のイラストを実際に刺繍してみた!

加工担当の小原です。

いつもは転写プリント加工を担当していますが、最近は刺繍も勉強しています!
今日は刺繍用の『パンチデータ』を作って刺繍してみました。
※パンチデータとは、刺繍するのに必要な刺繍機用の型データのことです。

せっかくなので、最近巷で話題の、姿を描き写すと疫病の感染封じになるとされる
妖怪「アマビエ」を描いてみました🐟🐟🐟

刺繍作成イメージ1

このイラストを元にパンチデータを作っていきます。

刺繍作成イメージ2

刺繍する順番や重ね方など考えることが多く、結構頭を使う作業です…。
試行錯誤して出来たデータを刺繍機に移し、実際に刺繍していきます!

刺繍作成イメージ3

刺繍出来たものがこちらです!

刺繍作成イメージ4
刺繍作成イメージ5

いかがでしょうか?

刺繍ならではの表現で、髪の部分など上手く表現出来たのではないでしょうか!!
何より自分のイラストが刺繍になるのはとても嬉しいですね!

まだまだ大変な世の中ですが、オリジナル刺繍やプリントで楽しいおうち時間のお手伝いが出来たらと思います!ご用命お待ちしています( *´ ω` )

オリジナルの刺繍は1枚より承っております。
バッグやエプロン、キャップにTシャツなどアイテムもたくさんご用意しております!

オリジナル刺繍・プリントはJETCHOP

「オリジナル刺繍を入れたバッグができるまで」刺繍加工の流れを担当澤登が詳しく解説します!

刺繍加工をしてる澤登です^^
今日は刺繍加工の流れを紹介します。

まずは専用のソフトで刺繍用のデータを作っていきます。
これは私が自分で作ったオリジナルフォントの数字です。

詩集の流れ1

フォントを考えるのが好きなので、オリジナルで作ったりします^^
並べて文字の間隔やサイズなどを調整していきます。

そして作ったデータを刺繍機に移動して、刺繍する色や向きなどの設定をします。

刺繍の流れ2

刺繍をするものを刺繍機にセットします。(今回はバッグです)
バッグの中央にある赤い点は位置を合わせるためのポインターです。

刺繍の流れ3

スタートボタンを押すと刺繍加工が始まります。
ズダダダダ!

刺繍の流れ4

あとは刺繍機におまかせしておけば、データの通りに自動で縫ってくれます。

刺繍の流れ5

刺繍の流れ6

さあ完成です!いかがですか?
データ通りきれいに出来ているでしょうか^^

刺繍の流れ7
オリジナルの刺繍入りバッグが出来ました!

刺繍の流れ8
私は推しの誕生日や記念日の数字にすぐ反応するオタクなので、数字を刺繍するのが好きです。
ちょっとオシャレな感じも出しつつ、ムフフとなれるのでオススメです!

分かる人にだけ分かる、普段使い出来るオタグッズにいかがですか^^
刺繍の糸色はたくさんありますので、推し色も見つかるかも!?

もちろんご自身のお誕生日や記念日、お友達のお誕生日を入れてプレゼントなどにもどうぞ♪

オリジナルの刺繍は1枚より承っております。
バッグやエプロン、キャップにTシャツなどアイテムもたくさんご用意しております。
皆さまからのご注文をお待ちしております!

オリジナル刺繍・プリントはJETCHOP

実はとっても奥の深い『刺繍』データの作り方について刺繍加工担当の澤登が詳しく解説します!

JETCHOPで刺繍加工を担当をしている澤登です^^

刺繍のご注文を頂いた場合、皆様がご作成されたオリジナルイラストやロゴなどをベースに
刺繍用のデータを作る作業がございます。

刺繍のデータは糸の向きや縫う密度など色々な設定が必要で、
専用のソフトでしか作れない、ちょっと特殊なものなのです。

細かいデザインや複雑なデザインももちろん難しいのですが、
簡単そうに見えて実は難しいのが、正円や真四角などのきっちりとした図形です。

実は刺繍は作成したデータと実際に刺繍したものの形が少し変わってしまうのです。

それは縫う向きによって縮んだり、膨らんだりする特徴があるからなのですが…、
言葉で説明するのはなかなか難しいので、実際に画像で見てみましょう!

これが専用のソフトで作った刺繍データの画像です。
きれいなまんまると真四角ですね。

刺繍データ例1

ですが実際に刺繍してみると…

刺繍データ2

このように少しほっそりしてしまいます。
これが縮んだり膨らんだりする特徴による変化です。

これをきれいな形に仕上げるには調整が必要です。

調整をした刺繍データがこちら!

刺繍データ3

なんだかつぶれたような形になりましたね・・・。

ですがこれを実際に刺繍してみると
きれいな形に仕上がります!!

刺繍データ4

微妙な差ですが、並べて見るとわかりやすいですね。

刺繍データ5

デザインや刺繍をする素材によっても変化の仕方が変わるので、
変化を予測してデータを調整していきます。

そこは腕の見せ所です!

実際に刺繍をしてみて、最終的な調整を行いますが、
データ作成時の調整でうまくいったときはテンションが上がります!
刺繍はデータ作りも加工時の調整などもとっても奥が深くておもしろいです。

デザインや加工するものの種類などによって刺繍加工が出来ないものもありますが
プリントとはまた違った魅力があるので、刺繍加工もオススメです^^!

是非オリジナル刺繍を入れたアイテムを作ってみてはいかがでしょうか?
皆さまからのご注文をお待ちしております!

オリジナル刺繍・プリントはJETCHOP